メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
記者の目

AIと囲碁界 世界に挑む共有の武器に=最上聡(東京学芸部)

碁聖戦第3局で、本因坊文裕(右)を破り、初めての7大タイトルを獲得した許家元碁聖=大阪市の日本棋院関西総本部で8月3日、最上聡撮影

 AI(人工知能)で勉強して、序盤がうまくなった--。近ごろ好調の囲碁棋士に秘訣(ひけつ)を尋ねると、そんな答えが返ってくるのが当たり前になってきた。先月、碁聖戦五番勝負で絶対王者、本因坊文裕(もんゆう)(29)=井山裕太九段=の7冠を3連勝で崩した許家元(きょかげん)碁聖(20)もその一人である。2016年3月、米グーグル傘下の英ディープマインド社のAI「アルファ碁」が世界トップ級の棋士を圧倒して以降、わずか2年強の間にAIは囲碁界の勢力図を明らかに変えている。「1週間、碁から離れて旅行していたら、置いてけぼりになってしまう」という棋士の冗談が冗談にならないほどのスピードだ。AI時代の囲碁界について考えたい。

この記事は有料記事です。

残り1826文字(全文2135文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 空母化する護衛艦「いずも」の自衛隊員たち (中)若手隊員の思い やりがいと寂しさと メールで家族や夫と連絡

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  5. NEWSの窓 国際 日本と韓国 関係悪化、影響広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです