メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

露軍機を撃墜 15人死亡 イスラエル軍と誤射

 【モスクワ大前仁】ロシア国防省は18日、シリア沖を飛行中のロシア軍機が、ロシアを「後ろ盾」とするアサド政権軍の誤射で撃墜され、乗員15人が死亡したと発表した。シリア軍が直前のイスラエルからの攻撃に反撃した際、誤射が起きたという。ロシアは「イスラエルの行動が誘因となった」と非難。一方で、プーチン露大統領は18日夜、イスラエルのネタニヤフ首相と電話協議するなど事態収拾に動いた。

 プーチン氏は、イスラエルによるアサド軍への攻撃について「シリアの主権侵害」と批判しながら、再発防止を要求するにとどめた模様。ネタニヤフ氏もロシア軍に弔意を表し、関連情報を提供すると約束したという。

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文568文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 新型コロナ 自宅療養中21人死亡 12月以降10都府県

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです