メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ミニ論点

「9月平壌共同宣言」 康仁徳氏・元韓国統一相/浅羽祐樹氏・新潟県立大教授/小谷哲男氏・明海大准教授

 韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が19日の首脳会談で署名した合意文書「9月平壌共同宣言」について、専門家に聞いた。

脅威の排除、ほど遠い 康仁徳(カン・インドク)氏・元韓国統一相

 共同宣言を見る限り、大きな進展はなかった印象だ。非核化に向けた北朝鮮側の意思が明確だったとは言い難く、具体策に欠けている。米朝首脳会談に進むかどうかは、この内容に対するトランプ米政権の評価次第だ。

 注目点は、寧辺(ニョンビョン)の核関連施設について「追加措置を取る用意がある」と表現し、「廃棄する…

この記事は有料記事です。

残り1470文字(全文1717文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです