連載

経済観測

毎日新聞経済面に連日連載の経済コラム。経営者や経済評論家らが独自の視点で、経済の今とこれからを展望する。

連載一覧

経済観測

大坂なおみとパブリック・ディプロマシー=東洋大学国際学部教授・横江公美

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 最近、パブリック・ディプロマシー(対市民外交)の定義が広くなっている。従来は、戦争や紛争を避けるための第一歩として定義されていたが、最近では価値観の共有を通してお互いの国の好感度をアップするという意味が加わった。その意味では、超大型の新しいパブリック・ディプロマシーの担い手が登場した。全米オープンを制し、日本選手として初めてテニスの4大大会シングルスで優勝した大坂なおみ選手である。

 彼女はハイチ出身の父と日本人の母を持ち、日本で生まれ、ハイチ系アメリカ人のコミュニティーに育ち、フロリダでテニスの特訓を受け成長した。アイデンティティーは3カ国にまたがる。

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文709文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集