メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

討論会でも首相「ご飯論法」 都合悪いと論点ずらし

 自民党総裁選の討論会では、安倍晋三首相(総裁)が論点をずらすケースが目立った。対抗馬の石破茂元幹事長との論戦を点検すると、過去の発言との整合性が取れないものもあり、識者からは改めて「ご飯論法だ」との指摘が出ている。

 「ゴルフは五輪の種目になっている。ゴルフはだめでテニスや将棋はいいのか」。17日のTBS番組「ニュース23」。加計学園問題に関し、安倍氏が加計孝太郎理事長とゴルフを重ねたことに石破氏が「職務権限を持っている間は(利害関係者と)接触しない」と疑問を投げかけると、安倍氏はこう語り出した。

 さらに利害関係者とのゴルフを禁じた国家公務員倫理規程に言及。「ゴルフをやると良からぬことをしている…

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文903文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今年の漢字は「令」 清水寺で揮毫

  2. 「勉強教える」 小学校内で児童にわいせつ疑い 講師を逮捕 大阪・門真

  3. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  4. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  5. 和泉首相補佐官、出張中に私的観光 官房長官「私費で移動」問題視せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです