メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

初期認知症 支え合う当事者

「オレンジカフェ」で相談に応じる渡辺康平さん(右から2人目)と妻昌子さん(右端)=香川県三豊市の同市立西香川病院で

 21日は認知症の主な原因、アルツハイマー病への理解を呼びかける「世界アルツハイマーデー」。認知症は医療の進歩で早期発見が可能になったが、診断後にショックを受け、家に閉じこもるケースもあり、初期対応が新たな課題になっている。支え合いの場や各地の取り組みを報告する。

 「自分の気持ちを表に出せる時に、出せたらいいんや」。香川県三豊市の市立西香川病院で開く認知症の人や家族が集まる「オレンジカフェ」で、脳血管性認知症を患う渡辺康平さん(76)=香川県観音寺市=が、利用者に語りかけた。渡辺さんはカフェの非常勤相談員として働く。この日、アルツハイマー型認知症で通院している藤目加代子さん(68)が、夫の富士男さん(71)と診察後に立ち寄った。記憶があいまいな部分があることも含め、渡辺さんに打ち明けた。加代子さんはコーヒーカップを手に「ここは『救いの場』。他人を気にして、ええ格好せんでもええから」とほっとした笑顔を見せた。

この記事は有料記事です。

残り1736文字(全文2145文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. クローズアップ 自殺者、11年ぶり増加 思い詰める前に相談を コロナ禍、女性と若者顕著

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです