メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

初期認知症 支え合う当事者

「オレンジカフェ」で相談に応じる渡辺康平さん(右から2人目)と妻昌子さん(右端)=香川県三豊市の同市立西香川病院で

 21日は認知症の主な原因、アルツハイマー病への理解を呼びかける「世界アルツハイマーデー」。認知症は医療の進歩で早期発見が可能になったが、診断後にショックを受け、家に閉じこもるケースもあり、初期対応が新たな課題になっている。支え合いの場や各地の取り組みを報告する。

 「自分の気持ちを表に出せる時に、出せたらいいんや」。香川県三豊市の市立西香川病院で開く認知症の人や家族が集まる「オレンジカフェ」で、脳血管性認知症を患う渡辺康平さん(76)=香川県観音寺市=が、利用者に語りかけた。渡辺さんはカフェの非常勤相談員として働く。この日、アルツハイマー型認知症で通院している藤目加代子さん(68)が、夫の富士男さん(71)と診察後に立ち寄った。記憶があいまいな部分があることも含め、渡辺さんに打ち明けた。加代子さんはコーヒーカップを手に「ここは『救いの場』。他人を気にして、ええ格好せんでもええから」とほっとした笑顔を見せた。

この記事は有料記事です。

残り1736文字(全文2145文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  5. 職員室で飛び交う暴言、下ネタ 「機能不全」に陥った神戸・東須磨小の抱えた「闇」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです