連載

科学の森

科学や環境問題を専門に取材する記者が、身近な話題を図解を交えてわかりやすく解説します。

連載一覧

科学の森

熱水噴出域 「生命誕生の場」有力 レアメタルでも注目の深海

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 深海の海底から金属成分を含む熱い水が噴き出す「熱水噴出域」に注目が集まっている。生命誕生の場所として有力な候補に挙げられる一方、レアメタルなど海底資源の宝庫とも目されているからだ。海洋研究開発機構による潜水調査に同行した。【池田知広】

 ●巨大なチムニー

 7月21日、伊豆諸島最南端、青ケ島の東約10キロの海上。海洋機構の支援母船「よこすか」から海面に下ろされた有人潜水調査船「しんかい6500」が静かに潜航を始めた。3人を乗せ、水深6500メートルまで潜れる。大西琢磨潜航長(35)ら乗組員が目指したのは水深約800メートルの「東青ケ島カルデラ」だ。

 「目の前に美しい光景が広がっている」。潜航開始から約4時間後、しんかいの副操縦士を務めた飯島さつき潜航士(28)の報告が、記者のいたよこすかの総合司令室に届いた。海底で確認されたのは、高さが約35メートルにもなる巨大な熱水噴出孔(チムニー)だった。よこすか船上に送られてきた映像は少しぼやけていて、全体像がよく分からなかったが、浮上後に飯島さんに聞くと、「まるで近代建築のようで神秘的でした」と話し…

この記事は有料記事です。

残り1216文字(全文1692文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集