メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

駅の安全、声掛けから 全盲落語家・桂福点さん講習会

視覚障害者役(左から2人目)を電車内へ案内する練習をする男性。左は桂福点さん=大阪市阿倍野区のJR西日本大阪支社で18日

 全盲の落語家、桂福点さん(50)=大阪市東淀川区=が18、19両日、電車内や駅構内で視覚障害者を手引きするための実践的なガイド講習をJR西日本大阪支社で開き、若手の駅員や車掌、運転士ら計約180人が受講した。福点さんは「駅の安全は、温かい手と言葉による人のつながりから」と訴えた。

 講師は福点さんと、ガイドヘルパーの養成…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文375文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  3. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. 一斉休校は「科学より政治の悪い例」 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです