メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR西日本

開かずの踏切11月解消 大阪のJR東淀川駅橋上化

8本の線路が通り、JR西日本管内で遮断時間が最も長い南宮原踏切。奥は東淀川駅=大阪市淀川区で2018年9月19日、三村政司撮影

 JR西日本は19日、東海道線東淀川駅(大阪市淀川区)近くにあり、ピーク時には1時間のうち3分しか開かないなど、長時間遮断される踏切3カ所を11月11日に廃止すると発表した。駅舎の橋上化に合わせてスロープやエレベーターを備えた通路を新設し、踏切を使わなくても計8線をまたいだ反対側に渡れるようにする。うち二つの踏切は、ピーク時には1時間あたりの遮断時間がJR西管内で1位と2位で、解消が課題だった。

 廃止されるのは東淀川駅南側にある南宮原(全長46・8メートル)と北側の北宮原第1(同21・4メート…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです