メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

2氏の主張、響いたか 応援、批判、無関心 東京・秋葉原と渋谷

 一騎打ちとなった自民党総裁選は最終日の19日夕、安倍晋三首相と石破茂元幹事長の2人がいずれも東京都心で街頭に立ってそれぞれの主張を訴えた。恒例の秋葉原を最後の遊説先に選んだ安倍氏に対し、石破氏が最後の訴えに選んだのは若者の街・渋谷。2人の演説を聞いた一般の市民は何を思ったのか--。

 JR秋葉原駅前では午後5時前から安倍氏陣営の演説会が始まった。大勢の党員らが街頭を埋め、「YES 安倍総理」などの横断幕が掲げられた。秋葉原は昨年7月の都議選や10月の衆院選でも安倍氏が最後の遊説先に選んだ場所。都議選では、ヤジを飛ばした聴衆に「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と発言して批判を浴びた因縁もある。この日も聴…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文768文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです