仮想通貨

67億円相当が流出 テックビューロ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
テックビューロが運営する仮想通貨交換サイト「Zaif」の画面
テックビューロが運営する仮想通貨交換サイト「Zaif」の画面

 仮想通貨交換業者のテックビューロ(大阪市)は20日、外部からの不正アクセスで「ビットコイン」など3種類の仮想通貨が流出したと発表した。流出額は約67億円相当とみられ、このうち約45億円相当が顧客からの預かり資産で、同社は全額を返還する方針。同社は金融情報サービスを手掛けるフィスコグループに50億円の金融支援と傘下入りを要請し、経営陣は顧客への返還などを終えた後に引責辞任する。大阪府警は今後、不正アクセス禁止法違反容疑を視野に捜査する。

 金融庁は今回の流出を受け、テックビューロに対し20日にも立ち入り検査に着手する方針を固めた。流出の経緯などを調べ、問題があれば3回目となる行政処分を出す。

この記事は有料記事です。

残り669文字(全文967文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集