メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仮想通貨

67億円相当が流出 テックビューロ

テックビューロが運営する仮想通貨交換サイト「Zaif」の画面

 仮想通貨交換業者のテックビューロ(大阪市)は20日、外部からの不正アクセスで「ビットコイン」など3種類の仮想通貨が流出したと発表した。流出額は約67億円相当とみられ、このうち約45億円相当が顧客からの預かり資産で、同社は全額を返還する方針。同社は金融情報サービスを手掛けるフィスコグループに50億円の金融支援と傘下入りを要請し、経営陣は顧客への返還などを終えた後に引責辞任する。大阪府警は今後、不正アクセス禁止法違反容疑を視野に捜査する。

 金融庁は今回の流出を受け、テックビューロに対し20日にも立ち入り検査に着手する方針を固めた。流出の…

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文967文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

  5. 首相、1日で要人23人と「マラソン会談」 即位の礼「祝賀外交」始まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです