メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国立病院機構

大分医療センターで死亡した女性遺族が提訴

女性が死亡した大分医療センター=大分市横田で2018年9月19日、白川徹撮影

 胸の痛みなどで受診した大分市内の女性(当時23歳)が死亡したのは、大分医療センター(大分市横田)が適切な処置をしなかったからだとして、女性の遺族が同センターを運営する国立病院機構に対し、約6250万円の損害賠償を求める訴訟を大分地裁に起こした。

 提訴は10日付。訴状によると、女性は昨年4月29日、胸部と背中の痛みを訴えて同センターで受診し、抗生物質の点滴を受けた。その後、血圧の低下や吐血をするなど病状が悪化したため、大分大学医学部付属病院に搬送されたが、…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文577文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 橋桁の下敷きに、ダンプ運転手死亡 埼玉・深谷
  4. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  5. ORICON NEWS 休養のガンバレルーヤよしこ、仕事復帰 TBS『東西ネタ合戦』収録に参加「より一層頑張ります」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです