メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国立病院機構

大分医療センターで死亡した女性遺族が提訴

女性が死亡した大分医療センター=大分市横田で2018年9月19日、白川徹撮影

 胸の痛みなどで受診した大分市内の女性(当時23歳)が死亡したのは、大分医療センター(大分市横田)が適切な処置をしなかったからだとして、女性の遺族が同センターを運営する国立病院機構に対し、約6250万円の損害賠償を求める訴訟を大分地裁に起こした。

 提訴は10日付。訴状によると、女性は昨年4月29日、胸部と背中の痛みを訴えて同センターで受診し、抗生物質の点滴を受けた。その後、血圧の低下や吐血をするなど病状が悪化したため、大分大学医学部付属病院に搬送されたが、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. フーターズ運営が再生法申請 負債約5億円、営業継続

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです