メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪アスベスト訴訟

メーカーの責任も認める 大阪高裁

 建設現場でアスベスト(石綿)を吸い込んで健康被害を受けたとして、大阪府などの元建設作業員や遺族ら計33人が、国と建材メーカー22社に計約7億1200万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が20日、大阪高裁であった。江口とし子裁判長は、1審・大阪地裁判決が認めた国の責任に加え、メーカーの責任も新たに認定し、国とメーカー8社に計約3億3900万円の支払いを命じた。

 2016年1月の1審判決が認めなかった「一人親方」と呼ばれる個人事業主への国の責任も認定し、賠償額…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文649文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです