メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪アスベスト訴訟

メーカーの責任も認める 大阪高裁

 建設現場でアスベスト(石綿)を吸い込んで健康被害を受けたとして、大阪府などの元建設作業員や遺族ら計33人が、国と建材メーカー22社に計約7億1200万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が20日、大阪高裁であった。江口とし子裁判長は、1審・大阪地裁判決が認めた国の責任に加え、メーカーの責任も新たに認定し、国とメーカー8社に計約3億3900万円の支払いを命じた。

 2016年1月の1審判決が認めなかった「一人親方」と呼ばれる個人事業主への国の責任も認定し、賠償額が計約9700万円(原告14人分)から大幅に増額された。同種訴訟は全国で15件あり、高裁判決は4件目。国は10回連続の敗訴となった。

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文649文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  2. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  3. かまぼこ商品「うな次郎」ウナギフリーにリニューアル 絶滅危惧に配慮 新潟

  4. 拉致問題進展なく 安倍首相「断腸の思い、申し訳ない」 横田滋さん死去

  5. 4月の京都、外国人宿泊客1000人 昨年同月の35万人から99.7%減

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです