山本KIDさん

走り抜けたフォークヒーロー

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
元五輪代表・宮田和幸選手を開始4秒でKOした山本KIDさんの跳びひざ蹴り(実際の撮影はデジタルカメラのため、フィルムの枠はイメージです)=2006年5月3日、小座野容斉撮影
元五輪代表・宮田和幸選手を開始4秒でKOした山本KIDさんの跳びひざ蹴り(実際の撮影はデジタルカメラのため、フィルムの枠はイメージです)=2006年5月3日、小座野容斉撮影

 レスリングや総合格闘技で活躍し「神の子」の愛称で親しまれたプロ格闘家の山本KID徳郁(やまもと・きっど・のりふみ、本名・岡部徳郁=おかべ・のりふみ、旧姓・山本)さんが18日、亡くなった。まだ41歳だった。KIDさんは、主に2000年代最初の10年間に活躍、打撃系「K-1」のスターだった魔裟斗(まさと)さんと並んで、若者の間でカリスマ的な人気を博し、プロ格闘技の世界をけん引した。【小座野容斉】

この記事は有料記事です。

残り2468文字(全文2666文字)

あわせて読みたい

ニュース特集