メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

露軍機誤射、15人死亡 誘因のイスラエル非難

 【モスクワ大前仁】ロシア国防省は18日、シリア沖を飛行中のロシア軍機が、ロシアを「後ろ盾」とするアサド政権軍の誤射で撃墜され、乗員15人が死亡したと発表した。シリア軍が直前のイスラエルからの攻撃に反撃した際、誤射が起きたという。ロシアは「イスラエルの行動が誘因となった」と非難。一方で、プーチン露大統領は18日夜、イスラエルのネタニヤフ首相と電話協議するなど事態収拾に動いた。

 プーチン氏は、イスラエルによるアサド軍への攻撃について「シリアの主権侵害」と批判しながら、再発防止を要求するにとどめた模様。ネタニヤフ氏もロシア軍の死者に弔意を表し、関連情報を提供すると約束したという。

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文733文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  5. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです