メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

露軍機誤射、15人死亡 誘因のイスラエル非難

 【モスクワ大前仁】ロシア国防省は18日、シリア沖を飛行中のロシア軍機が、ロシアを「後ろ盾」とするアサド政権軍の誤射で撃墜され、乗員15人が死亡したと発表した。シリア軍が直前のイスラエルからの攻撃に反撃した際、誤射が起きたという。ロシアは「イスラエルの行動が誘因となった」と非難。一方で、プーチン露大統領は18日夜、イスラエルのネタニヤフ首相と電話協議するなど事態収拾に動いた。

 プーチン氏は、イスラエルによるアサド軍への攻撃について「シリアの主権侵害」と批判しながら、再発防止を要求するにとどめた模様。ネタニヤフ氏もロシア軍の死者に弔意を表し、関連情報を提供すると約束したという。

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文733文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. 独自大会初戦負け 加藤学園・肥沼、初心回帰「なめた投球」反省 センバツ交流試合

  5. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです