メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都市

ヤミ民泊、全国初の営業停止の緊急命令

「エクソン」代表取締役の男性に

 京都市は19日、市内のマンションで「ヤミ民泊」を営業したとして、民泊関連事業を展開する「エクソン」(大阪市中央区)の代表取締役の男性に対し、民泊の営業停止の緊急命令(14日付)を出したと発表した。無許可施設への緊急命令は6月15日に施行された改正旅館業法で新たに行政に付与された権限で、行使は全国初という。

     京都市によると、8月29、30日、同市下京区のマンション(39室、7階建て)5階の一室でマレーシア人客3人を無許可で宿泊させたという。宿泊客が調理中に火災報知機が鳴り、消防が駆け付けて発覚した。

     民泊仲介サイトを通じて客を集め、1室に2人1泊3500円程度で宿泊させていた。この部屋は同社が賃借しており、相場は月約6万4000円という。

     市は以前から、同社が伏見区や南区などで他に16室のヤミ民泊を営業していることを把握し、8月15日には「市内では無許可営業をしない」との誓約書を出させていた。同社は東京や大阪では旅館業の許可を得た民泊を展開している。

     代表取締役の男性は市の聴取に対し、「やめる方向で進めていたが、外国人と意思の疎通がうまくいかず、予約を取り消せなかった」と話したという。【飼手勇介】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 観光 北アルプス新たに「黒部ルート」 24年に一般開放
    2. 赤痢菌 宿坊で42人感染 湯葉刺しなど食べる 山梨 
    3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック
    4. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
    5. ORICON NEWS 元祖プレイボーイ・火野正平に見る、芸能人モテ男のスマートな“火消し術”

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです