メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オウム林元死刑囚

拘置所、弁護士面会時の立ち会いは違法

東京地裁「極めて重大な過失」と国に25万円の賠償命令

 オウム真理教幹部だった林泰男元死刑囚(7月に死刑執行)と弁護人が、東京拘置所で再審請求の相談で面会した際、裁判所が職員の立ち会いを禁じる決定を出していたのに従わなかったとして、国に1320万円の賠償を求めた訴訟の判決が19日、東京地裁であった。市原義孝裁判長は「(拘置所側に)極めて重大な過失があった」と立ち会いの違法性を認め、慰謝料など計約25万円の賠償を国に命じた。

 林元死刑囚は1995年の地下鉄サリン事件の実行犯などとして2008年に死刑が確定。東京拘置所に収容…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  2. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  3. 少年野球のバス、土手から転落 19人が軽いけが 福岡・うきは市

  4. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです