メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風疹

流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」

風疹感染者報告数の週ごとの推移

 国立感染症研究所は19日、今年の風疹の患者が累計で496人になったと発表した。昨年1年間の患者数(93人)の5倍を超え、流行が広がっている。妊婦の感染で胎児に障害が出る恐れがあり、日本産婦人科医会はワクチン接種の呼びかけだけでは流行を抑えられないと判断し、「妊婦はできるだけ外出を避け、自己防衛してほしい」と注意喚起している。

     風疹は発熱や全身の発疹などの症状が出て、せきなどを介して感染する。妊娠20週までに感染すると、胎児の心臓や目、耳などに障害が出る場合がある。2012~13年に大流行した際は、出生児45人に影響し11人が死亡した。

     3~9日の新規患者は127人で、首都圏が中心。学齢期にワクチン接種が義務づけられていなかった30~50代の男性が全患者の約3分の2を占める。

     感染研や同医会はワクチン接種を呼びかけてきたが、接種の効果が表れるまで約3週間かかる。ウイルスが小さいためマスクの予防効果は低いとされ、2~3週間の潜伏期間にも感染は広がる。同医会の平原史樹・常務理事は「企業は従業員のワクチン接種のほか、抗体がない妊婦を出勤させないなど配慮をしてほしい」と語る。

     自動車関連会社のキャタラー(静岡県掛川市)では15年春、当時30~58歳の男性従業員5人が相次いで風疹を発症した。患者を自宅待機とし、抗体がない妊婦の出勤を免除。約7割の従業員に抗体がない可能性があったため、接種費用を補助し、バスで医療機関に送迎した。会社の負担は約280万円だったが、抗体を持つ従業員は9割を超えた。担当者は「安心して働ける職場になり、会社としてワクチン接種に取り組む価値はある」としている。【五味香織、野田武】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS ゴジラ、NASA研究チームが“星座”に認定 日本の怪獣では初
    2. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
    3. ジャパネットたかた 再発防止命令 違法な価格表示で
    4. 感謝状 女性の自殺防ぐ 秩父署、2男性に /埼玉
    5. セサミストリート ビッグバード着ぐるみの役者が引退

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです