大阪産業大

柔道部コーチが体罰 大けが 木製の棒で殴打

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大阪産業大(大阪府大東市)の柔道部で今年6月、男性外部コーチ(24)が練習中に1年生の男子部員(19)を木製の棒でたたき、右腕の感覚が戻らない大けがをさせていたことが分かった。大産大は19日、スポーツ庁に詳細を報告。すでにコーチとの契約を解除し、責任者の監督は顧問解任などの処分をした。

 大産大などによると、男子部員は6月15日、大学の柔道場であった練習中、時間を計測するタイマーの前に立…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文489文字)

あわせて読みたい

注目の特集