メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
アフリカノート

おばあちゃんが集まるボクシング教室

 南アフリカ・ヨハネスブルクのフィットネスジムで週2回、おばあちゃん向けのボクシング教室が開かれている。参加者はトレーニングを始めて持病や体の痛みが改善したと口をそろえる。最高齢ボクサーは84歳。世の中のお年寄りに「もう年だから、なんて思ったらだめ。次はあなたの番よ」とエールを送る。

 おばあちゃんたちの集まるジムがある--。そんなうわさを聞いて先日、北西部コスモシティーのジム「Aチーム」を訪れた。このジムでは毎週火曜と木曜の午前中に高齢者向けのクラスが開かれていて、参加者は60~80歳代の地域に住む女性たち。もともとはボクシング未経験者ばかりだ。

 きっかけは一人のおばあちゃんだった。運動習慣をつけなさいと医者に勧められて地域に一つしかないジムの…

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1213文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

小泉大士

ヨハネスブルク特派員。インドネシアの邦字紙で7年間勤めた後、2006年入社。さいたま支局、社会部を経て、2016年4月から現職。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  2. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  3. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  4. 河野外相“フェイクニュース”に不快感 日韓会談前、記者に「キヤノン? ニコン?」

  5. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです