メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

道南北選手権が開幕 8地区16校 全力プレー誓う /北海道

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)への出場を懸けた第71回道高校ラグビー南北選手権大会の開会式が20日、遠軽町のえんがる球技場であった。

 8地区16校の代表校が参加し、遠軽の荒木俊弥主将(3年)は「楽しむ気持ちを忘れずに、ノーサイドの笛が鳴るまで全力でプレーすることを誓います」と選手宣誓した。荒木主将は「目標は決勝進出。体調不良で休養している仲間の分までチーム一丸となって頑張りたい」と意気込んだ。

 試合は21日に始まり、22日の準決勝、24日の決勝はいずれも同球技場で実施される。優勝校は12月2…

この記事は有料記事です。

残り1171文字(全文1436文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
  3. 安定感増したチェン、2連覇 羽生演技にも動ぜず 世界フィギュア
  4. 宇野、覚悟のフリーも170点台 不完全燃焼
  5. 「跳ぶ使命感」 勝負師・羽生、思い込めた4分間 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです