メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

安倍氏、8.4ポイント上回る 県内得票率「石破氏健闘」の声も /岩手

 安倍晋三首相が石破茂元幹事長を破り、連続3選を果たした20日の自民党総裁選。動向が注目された地方の党員票は、県内でも安倍氏が石破氏を約400票上回ったが、得票率の差は8・4ポイントと全国(10・6ポイント)よりも小さかった。県連関係者からは「石破氏が健闘した」との見方が出た一方、選挙戦について「候補者同士の論戦の場が少なかった」と不満の声も上がった。【藤井朋子】

 盛岡市中央通の自民党県連事務所では、職員らが午前10時半ごろから、19日までに届いた投票用紙の仕分…

この記事は有料記事です。

残り799文字(全文1032文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 首相が「桜」と「日本で最も高いと言われるおすし屋さん」の関係にこだわる理由

  4. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです