メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

県内得票 党員票は石破氏6割 安倍氏、12年比大幅増 /山形

 安倍晋三首相が石破茂元幹事長を破り、連続3選を果たした20日投開票の自民党総裁選。注目された党員票(405票)は、全国では安倍氏が55%の224票を獲得したが、県内票は石破氏が58%を集める“逆転現象”があった。国会議員票では、遠藤利明、鈴木憲和両衆院議員、大沼瑞穂参院議員は安倍氏、加藤鮎子衆院議員は石破氏に投じた。【二村祐士朗、松尾知典】

 山形市内の同党県連会館では午前10時ごろから、党員票を開票した。県内の党員・党友1万1500人に対…

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1018文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです