メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

安倍首相5ポイント上回る 長期政権、慢心戒める声も /千葉

 20日開票された自民党総裁選で、県内の党員・党友による党員票は、安倍晋三首相が石破茂元幹事長を5ポイントほど上回る得票率となった。県内の自民党関係者からは安倍首相の3選を歓迎する声が聞かれる一方、小差となった結果をもとに長期政権への慢心を戒める声も上がった。また、野党関係者は安倍首相の理念や手法に疑問を呈し、改めて批判した。【町野幸、富美月】

この記事は有料記事です。

残り765文字(全文938文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  3. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

  4. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  5. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです