メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

石破氏、県内得票4割 一定の存在感示す /神奈川

 20日開票された自民党総裁選で、安倍晋三首相が3選を果たした。県内では、横浜市内の県連事務所でも関係者らが開票作業に当たった。安倍氏は県内の所属国会議員20人の支持をほぼ固めたが、県内党員票では有効投票数の約6割にとどまった。一方、石破氏は4割近い党員票を集め、一定の存在感を示した。

 午前10時過ぎ、横浜市中区の同党県連の会議室では総裁選挙管理委員会の委員が立ち会い、開票作業が始まった。…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  3. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  4. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  5. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです