メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

党員票は石破氏善戦 45%獲得 経済改善実感薄く /新潟

 20日開票された自民党総裁選は、国会議員票を固めた安倍晋三総裁(首相)が大差で石破茂元幹事長を破り3選を決めたが、党員票では石破氏も善戦した。県内でも、安倍氏が投票総数の54・37%に当たる8880の党員票を集めた一方で、石破氏も45・21%の7384票を獲得。安倍氏圧勝とは言いきれない結果に、自民県連関係者たちからは「地方ではアベノミクスの効果を実感しにくいためではないか」との声が出ている。

 県選出の国会議員6人のうち、石破氏を支援したのは石破派の石崎徹衆院議員(比例)のみ。市町村別の得票…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文733文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの親子とバッタリ 69歳男性、両腕かまれ軽傷 滋賀

  2. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  3. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

  4. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです