メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

得票率6割超に 安倍氏3選、県内での影響力示す /福井

 一騎打ちを制した安倍晋三首相が20日に3選を決めた自民党総裁選は、県内の党員党友による投票でも石破茂衆院議員を寄せ付けなかった。県選出の国会議員4人がいずれも出身派閥に属する安倍首相の影響力を示した形だが、他党からは多選批判も上がっている。

 県内で投票した党員党友は7600人(投票率65・2%、無効票23票)で、安倍首相の得票率は63・1%に及んだ。

 この結果に、自民党県連会長の山崎正昭参院議員は「引き続き、国民の平和と暮らしを守るため卓越した手腕…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 「離さへん!」再現 朝ドラ「スカーレット」舞台で松下洸平さんトークショー

  5. ネットバンクの不正送金被害が急増 「フィッシング」組み合わせた新しい手口目立つ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです