メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと@あいち

仏壇職人 都築数明さん(46) /愛知

 本業は300年以上の歴史があるとされる三河仏壇の職人。一方で、職域を超えて三河地方の伝統工芸を広く伝えるためのアイデアマンでもある。

 活動の一環として、職人仲間とともに「ウルトラマン」シリーズのヒーローや怪獣をモチーフにした木魚、鎌、漬物石などを制作・プロデュース。今年は芸能生活50周年を迎えた和田アキ子さんの事務所とのコラボ企画を実現させたほか、人気マンガ「北斗の拳」の世界を工芸品で表現する企画にも取り組んだ。

 仏壇屋の三男だった都築さんは米国の大学を卒業後の1994年、実家の仏壇店に入社。修復作業を手がけるうちに、物作りの面白さに目覚めた。伝統技法を使ったアート性の高い作品を追求するようになり、2008年、09年に米国、ドイツで開いた個展では、仏壇を通して世界に知られていない日本の技の可能性を感じたという。

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文1019文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. 東京の感染者、新たに10人確認 50人以下は21日連続

  5. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです