メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと@あいち

仏壇職人 都築数明さん(46) /愛知

 本業は300年以上の歴史があるとされる三河仏壇の職人。一方で、職域を超えて三河地方の伝統工芸を広く伝えるためのアイデアマンでもある。

 活動の一環として、職人仲間とともに「ウルトラマン」シリーズのヒーローや怪獣をモチーフにした木魚、鎌、漬物石などを制作・プロデュース。今年は芸能生活50周年を迎えた和田アキ子さんの事務所とのコラボ企画を実現させたほか、人気マンガ「北斗の拳」の世界を工芸品で表現する企画にも取り組んだ。

 仏壇屋の三男だった都築さんは米国の大学を卒業後の1994年、実家の仏壇店に入社。修復作業を手がけるうちに、物作りの面白さに目覚めた。伝統技法を使ったアート性の高い作品を追求するようになり、2008年、09年に米国、ドイツで開いた個展では、仏壇を通して世界に知られていない日本の技の可能性を感じたという。

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文1019文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  2. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 官僚も憤る電通「中抜き」の構図 源流にあの「官邸官僚」と民主党時代の決定

  5. 「香港は“1国1制度”に。とても悲しい」 民主派・周庭さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです