メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

県内党員票 石破氏55%、安倍氏45% 首相、前回より善戦 /三重

 20日の自民党総裁選で、県内の党員票は55%が石破茂元幹事長、45%が安倍晋三首相に流れた。6年前の総裁選では石破氏が安倍首相に大差をつけていたが、今回は安倍首相の善戦が目立った。県内は衆院の田村憲久・元厚生労働相ら石破氏を支持してきた国会議員がいることも踏まえ、県連は「結果が出ればリセット。バランスの良い人事を」と内閣改造・党役員人事で、しこりを残すことがないよう求めている。【山本萌】

 投票は10~19日、県内1万2436人の党員・党友に郵送で行われた。開票会場になった津市内の県連大…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 「私生活動画」収集計画のIT会社、参加希望者のメアド流出

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです