メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

府内党員、首相57% 石破氏43%に驚きの声も /京都

党員票の開票作業を始めた自民党学生部のメンバーら=京都市中京区の自民党府連で、飼手勇介撮影

 安倍晋三首相が3選を決めた20日の自民党総裁選。1万4135人の府内の党員投票は、有効投票数8880票のうち首相が5073票(57%)、石破茂元幹事長が3807票(43%)を得た。地元国会議員の大半が支持した首相の圧勝も予想されただけに、石破氏の得票率には驚きの声も上がった。投票率は63・03%。自民党員の間ですら政権批判がくすぶる現状に、野党側は「来夏の参院選で受け皿になれるよう気を引き締めていく」と意気込んだ。【飼手勇介、篠田直哉】

 自民党府連本部では職員らが開票中継を見守った。首相の3選決定が報じられた瞬間、想定通りの結果だけに…

この記事は有料記事です。

残り920文字(全文1191文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 18メートルの動く実物大ガンダム 10月1日横浜に立つ 山下ふ頭で1年間

  2. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  5. 高速道路で可搬式オービス運用 四国初 愛媛県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです