メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと兵庫、大阪、京都

山紫水明処(京都市上京区) 頼山陽が愛した京の「離れ」

山紫水明処の窓から見える景色=京都市上京区三本木通丸太町上ル南町で、高村洋一撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 見・聞・楽>

 江戸時代の文人、頼山陽(らいさんよう)(1780~1832年)が晩年、書斎や茶室として使った「山紫水明処(さんしすいめいしょ)」(国史跡)が京都市内の鴨川のほとりにある。静かなたたずまいの離れで、著書の執筆や推敲(すいこう)をした。窓から見渡す東山と穏やかな川の流れに心癒やされ、思索を深めたのだろう。【高村洋一】

 1828年に建てられた山紫水明処は築190年。床の間のある4畳半の座敷と2畳間、狭い板の間と縁側が…

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文939文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです