メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校総体

市尼崎、悲願の初V 男子バレー部、市長に報告 /兵庫

兵庫県尼崎市の稲村和美市長にインターハイ初優勝を報告した市立尼崎高男子バレーボール部のメンバー=同市役所で、近藤諭撮影

 今夏の全国高校総合体育大会(インターハイ)の男子バレーボールで悲願の初優勝を果たした尼崎市立尼崎高校男子バレーボール部の3年生らが19日、市役所を訪れて稲村和美市長に大会結果を報告した。稲村市長が「誇りに思う」とたたえると、安井恒介主将(3年)は「日本一という誇りを持ちながら、おごりにならないように日々精進を重ねたい。スポーツのまち尼崎を全国に発信していきたい」と笑顔で話した。

 男子バレーボールは7月28~30日、三重県伊勢市内の体育館で決勝トーナメントが行われ、全国42校が…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文652文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです