メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食探訪

天川もん商い 森田商店 あまご燻製 しっとり上品な味 /奈良

「あまご燻製」を持つ森田聡子さん=奈良県天川村で、栗栖健撮影

 体に朱点と濃紺のパーマークを持ち“渓流の女王”と呼ばれる美しいアマゴを薫製にした「あまご燻製(くんせい)」は、天川村の新しい名物だ。淡いピンクの身を口に入れれば上品な味と、ヤマザクラのスモークの香りが広がる。ワインや酒、もちろんビールにもよく合う。【栗栖健】

 森田商店(同村川合)の森田聡子さんが4年ほど前、なじみの釣り客が持ってきたイワナの薫製を食べて、「アマゴでもいける」と考案。塩やいぶし加減、薫製にするチップの材料などをすべて試行錯誤した。日本のヤマザクラをチップに決め、納得するものができるまで1年…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです