メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

安倍氏の「舵取り」期待 県内党員票は石破氏6割 /徳島

自民党総裁選で、徳島県内の党員・党友票の開票作業をする県連関係者=徳島市内のホテルで、松山文音撮影

 20日の自民党総裁選で、県内の党員・党友票は石破茂氏が、3選を果たした安倍晋三氏を約1000票上回った。県連関係者からは、安倍政権のさらなる施策推進に期待する声が上がる一方、「票に表れた地方の批判を真摯に受け止めて政権運営に臨んでほしい」との声もあった。

 県連によると、石破氏に3963票、安倍氏に2925票が入り、2012年の前回選の8割までは届かなか…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文447文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  3. 原発事故、安倍政権扱った作品問題視か ウィーンの芸術展、日本大使館が公認取り消し

  4. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです