メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学芸記者の文学碑散歩

俳人・川端京子 小森江公園(門司区羽山2) 飛躍を前に断たれた人生 /福岡

 陽の中の茶の花月日惜しみけり

 句碑の主、川端京子は飯田蛇笏、龍太父子が主宰した俳誌「雲母」で将来を嘱望されたが、突然の事故により44歳で世を去った。

 暮れも押し迫った12月27日、実家に母を訪ねた帰りだったという。家の前の道路にバス停があり、来合わせたバスに乗ろうと横断中、車にはねられた。「衆院議員総選挙の投票日で、雪の降る寒い日でした」。一回り下の妹、宗洋子さん(81)=築上町湊=の記憶は今も鮮明だ。

 川端は7人兄妹の長女として農家に生まれた。父が「翠城」と号して作句し「雲母」に投句していたこともあ…

この記事は有料記事です。

残り1166文字(全文1420文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 皇居近くの首都高でトレーラー炎上

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです