メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

熊本・鹿児島が安倍氏、宮崎は石破氏 アベノミクス実績支持 回復実感なく批判票も /熊本

 安倍晋三首相の3選が決まった20日の自民党総裁選。石破茂氏が党員・党友票で善戦し、熊本、宮崎、鹿児島の3県でも結果が分かれた。大企業の業績アップや都市部の地価上昇など「アベノミクス」の実績を訴えた安倍氏が勝利したが、景気回復の実感が乏しい3県の自民党員らの間に一定の批判票があることも示した。

 「潜在的な石破氏への期待感が根強いことを改めて感じた」。熊本県連の前川收(おさむ)会長は記者会見で結果をこう総括した。熊本県では6年前の総裁選で石破氏…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文558文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  2. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  3. グレタさん「最大の脅威は行動を取らないこと」COP25演説全文

  4. サンマが黄色く変色…「メインおかず」抜きの給食に 草津の小学校

  5. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです