メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

熊本・鹿児島が安倍氏、宮崎は石破氏 アベノミクス実績支持 回復実感なく批判票も /鹿児島

 安倍晋三首相の3選が決まった20日の自民党総裁選。石破茂氏が党員・党友票で善戦し、熊本、宮崎、鹿児島の3県でも結果が分かれた。大企業の業績アップや都市部の地価上昇など「アベノミクス」の実績を訴えた安倍氏が勝利したが、景気回復の実感が乏しい3県の自民党員らの間に一定の批判票があることも示した。

 「潜在的な石破氏への期待感が根強いことを改めて感じた」。熊本県連の前川收(おさむ)会長は記者会見で結果をこう総括した。熊本県では6年前の総裁選で石破氏…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文558文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです