メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

「首相人気」の今、反映 党員票55%

 安倍晋三首相は自民党国会議員票で82%を得たのに対し、党員票は当初目標の「7割」を大きく下回る55%にとどまった。党員票でも圧勝して政権基盤を固めようとした首相陣営の目算は外れ、来年の統一地方選や参院選に向けた課題が浮き彫りになった。

 全国の党員の投票を合算してドント方式で配分した党員票は、安倍氏が55・3%に当たる224票、石破氏は44・7%の181票を獲得した。候補者が2人だったため、両氏の得票総数の比率が結果にほぼ反映された。

 合算前の都道府県別の両氏の得票率でみると、首相は地元・山口県で87・6%の高率だったほか、二階俊博…

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文828文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  3. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  4. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです