安倍首相

在任、来年最長更新も 歴代通算、戦前の桂太郎超え

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
歴代首相の在任日数(上位10人)
歴代首相の在任日数(上位10人)

 安倍晋三首相が20日開票の自民党総裁選で3選を果たしたことで、通算の首相在任期間が歴代最長となる可能性が出てきた。来夏の参院選を乗り切って来年11月19日を迎えれば、戦前の桂太郎の2886日に並んで憲政史上最長になる。

 新たな総裁任期は2021年9月末までの3年間。衆院議員の任期満了日はその後の10月で、9月末まで首相在任を続ければ3567日となる。

 安倍首相の通算在任期間は17年5月に小泉純一郎氏の1980日を超え、20日現在は2461日で5位。来年2月22日に4位の吉田茂(2616日)、同6月6日に伊藤博文(2720日)、同8月23日に戦後1位の佐藤栄作(2798日)に並ぶ計算だ。

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文457文字)

あわせて読みたい

注目の特集