メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

イランと交渉意欲 核・ミサイル開発制限巡り

 【ワシントン共同】米国務省のフック・イラン担当特別代表は19日、ワシントン市内で講演し、イランの核開発と弾道ミサイル開発をともに制限対象とする条約を結ぶため、イランと交渉したい考えを表明した。ロイター通信が伝えた。

 イランのロウハニ大統領は25日からニューヨークで開かれる国連総会一般討論に合わせて訪米する予定。トランプ大統領はロウハニ師に首脳会談に応じるよう呼びかけているが…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです