メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の教訓

リーマン・ショック10年 インタビュー/2 一歩先の需要創造を 経団連会長・中西宏明氏(72)

=藤井達也撮影

 --2008年のリーマン・ショック時は日立の米子会社トップでした。

 ◆米証券、リーマン・ブラザーズ破綻のニュースは通勤する車の中で聞いた。金融危機の影響は、当時私が会長を務めていた米子会社のハードディスク駆動装置(HDD)事業にもろに効いてきた。HDDビジネスにとって毎年10~12月は追加注文が来るほどの最需要期なのに、びたっとモノが動かなくなり、部品在庫がすぐに積み上がった。発注を抑え、出荷調整しつつ資金の回し方を1日ごとに考える。まさに大混乱だった。(相場暴落で金融危機の引き金になった)証券化商品の影響で、モノの実需まで突然消失するとは想定していなかった。

 --日立本体は09年3月期に7800億円超の最終赤字に転落。10年4月に社長に就任した。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  2. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  3. 「強そうで憧れる」 球児のユニホームは「細身」志向 流行から必須条件に
  4. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  5. 米子東の選手がベンチ入りせず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです