メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仮想通貨

業者一斉調査 流出のテックビューロ処分へ 金融庁

 仮想通貨交換サイト「Zaif(ザイフ)」を運営する交換業者のテックビューロ(大阪市)は20日、外部からの不正アクセスで3種類の仮想通貨約67億円相当が流出したと発表した。被害把握が4日後だった経緯などを確認するため金融庁は同日、大阪市内にある同社拠点を立ち入り検査した。3度目の業務改善命令も視野に安全管理体制などを詳細に調べる。【宇都宮裕一、鳴海崇】

 金融庁は同日、全ての仮想通貨交換業者を対象に顧客の財産管理状況に関する一斉調査に着手した。仮想通貨…

この記事は有料記事です。

残り2059文字(全文2286文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 「私生活動画」収集計画のIT会社、参加希望者のメアド流出

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです