メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

アケルケ・スルタノバさん=カザフスタン核実験場近くの住民の証言集を日本語で出版

アケルケ・スルタノバさん

アケルケ・スルタノバ(Akerke Sultanova)さん(35)

 旧ソ連が核実験を繰り返したカザフスタン・セミパラチンスク。生まれ育ったこの土地で、「ポリゴン」(実験場)近くの住民約80人の証言をまとめた「核実験地に住む」(花伝社)を今夏、出版した。

 幼い頃、実験場から150キロ離れた自宅でも地震のような揺れを感じた。より近い母の故郷の村では、障害のある子が相次いで生まれた。1989年に核実験が中止された頃、原爆投下後を生き抜く少年を描いたアニメ「はだしのゲン」の翻訳版を見て、そこから放射線が出ていたと知った。

 高校生の時、市民団体の招きで広島に1年間留学。被爆者の話を聞き、体験を継承する重みを知った。故郷で…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  2. ORICON NEWS 内野聖陽、『きのう何食べた?』細部までいき届いた繊細な演技に絶賛の声
  3. 春の叙勲 令和初、4225人が受章
  4. 大きな虹 福岡の空に
  5. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです