連載

経済観測

毎日新聞経済面に連日連載の経済コラム。経営者や経済評論家らが独自の視点で、経済の今とこれからを展望する。

連載一覧

経済観測

超長寿社会の悪夢=インターネットイニシアティブ会長・鈴木幸一

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 選挙となれば候補者が耳当たりのいい言葉に終始するのは、そんなものと割り切るほかないのだが、自民党総裁選も似たようなものだ。深刻な議論を交わすことで、日本の現状について人々の認識を深める機会になると思うのだが生ぬるい話に終始している。

 「死がなければ復活もなく、復活がなければ教会もない」。カトリック教会はそんな心配をする。

 人々があまりに長生きする現実が引き起こす問題を描いた有名な小説を読んでいたら、わが国の高齢化の実態を示す統計数字が報道された。65歳以上の高齢者が30%近くになり、70歳以上の比率も想像通りの怖い数字になっている。小説では、誰もが長く生き過ぎて、ある年齢で死が存在することで果たしていた役割が奪われてしまう社会を想定している。本来、喜ぶべき長寿が引き起こす社会や家族の崩壊を描いているのである。

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文708文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集