メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

iPS細胞

卵子のもと作製 世界初 京大グループ成功

ヒトのiPS細胞から卵原細胞を作製した手順

 ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、卵子のもとになる「卵原細胞」を作ることに、京都大大学院医学研究科の斎藤通紀(みちのり)教授(発生生物学)らのグループが世界で初めて成功したと発表した。ヒトの生殖細胞の発生の仕組みには不明な点も多く、今回の技術が将来的に不妊症の原因解明や生殖医療の発展に役立つ可能性がある。成果は21日、米科学誌「サイエンス」電子版に掲載される。【菅沼舞】

 グループはこれまで、ヒトiPS細胞から、精子・卵子のもとになる「始原生殖細胞」に非常によく似た細胞…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文654文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内30代男の逮捕状請求へ 強盗殺人未遂容疑などで 現場に土地勘 交番襲撃
  2. 都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け
  3. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  4. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  5. ORICON NEWS 堤真一、主演映画の観客の少なさに嘆き 事務所社長から報告「10人だったみたいで…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです