メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひまわりEYE

異常気象原因に「悪い偶然」も

ひまわり8号が撮影した可視画像と赤外線画像を組み合わせた台風12号が東から西へ進む様子。左から今年7月27日午前3時、28日午前9時、29日午前10時

 平成最悪の水害となった7月の西日本豪雨、災害級の酷暑、そして非常に強い状態で日本へ上陸した台風など、平成最後の夏は異常気象に見舞われた。日本の上空約3万6000キロから見守る気象衛星「ひまわり8号」の画像から、今年の夏を振り返る。

 ●寒冷渦に台風が

 千葉大環境リモートセンシング研究センターがひまわり8号の画像をもとに作った動画を見ると、西日本豪雨では、7月6日未明から「線状降水帯(積乱雲が帯状に連なり大雨を降らす)」が断続的に西日本を覆う状態が1日以上続いた。

 7月下旬、日本へ上陸し、一般的な台風と逆に東から西へ進んだ台風12号は、日本の北を流れる偏西風から…

この記事は有料記事です。

残り1346文字(全文1629文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです