メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縁の下の誇り

被害者 二度と出さない=渡辺守成

 

 スポーツは誰のものでしょうか。米国、英国、日本など世界各国で暴力や虐待、パワーハラスメントが取りざたされ、社会問題となっています。私は国際体操連盟(FIG)会長として、10月にブエノスアイレスで開催される国際オリンピック委員会(IOC)主催のフォーラムで抜本的な対策を発表します。

 米国の女子体操界では長年、性的虐待がありました。我々に与えられた使命は二度と被害者を出さないこと。そこで、FIGが資金を投じて創設する独立機関「倫理財団」に世界中の選手のための相談窓口を設置します。

 窓口への通報内容はFIGには知らされません。通報を受けた倫理財団が当該国の弁護士を通じて刑事または…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです