メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縁の下の誇り

被害者 二度と出さない=渡辺守成

 

 スポーツは誰のものでしょうか。米国、英国、日本など世界各国で暴力や虐待、パワーハラスメントが取りざたされ、社会問題となっています。私は国際体操連盟(FIG)会長として、10月にブエノスアイレスで開催される国際オリンピック委員会(IOC)主催のフォーラムで抜本的な対策を発表します。

 米国の女子体操界では長年、性的虐待がありました。我々に与えられた使命は二度と被害者を出さないこと。そこで、FIGが資金を投じて創設する独立機関「倫理財団」に世界中の選手のための相談窓口を設置します。

 窓口への通報内容はFIGには知らされません。通報を受けた倫理財団が当該国の弁護士を通じて刑事または…

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文953文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです