メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仮想通貨

また安全軽視 登録業者、初の巨額流出 テックビューロ、金融庁が全社調査

 テックビューロ社で20日、発覚した仮想通貨の巨額流出。1月に約580億円分の仮想通貨を流出させたコインチェックが未登録の「みなし業者」だったのに対し、今回は金融庁の登録済み業者による初の巨額流出だけに利用者の不安が広がるのは必至だ。金融庁は全交換業者を対象に顧客の財産管理状況の一斉調査に着手したが、業界の信頼回復の道は険しそうだ。

 テックビューロは2014年6月に設立。17年9月、金融庁から交換業者として登録が認められた。近年の…

この記事は有料記事です。

残り1470文字(全文1688文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです