柴犬

「祖先は益田市生まれの石州犬」 市民団体がPR

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
現在の柴犬の先祖とされる「石号」
現在の柴犬の先祖とされる「石号」

 現代の柴犬(しばいぬ)の祖先は昭和初期に島根県益田市で生まれた石州犬--。島根県江津市桜江町川戸の市民団体「石州犬研究室」が、一般にほとんど知られていない事実のPRに取り組んでいる。主宰の河部真弓さん(60)は「人気の柴犬のルーツが益田にあることは大きな地域資源。柴犬の聖地として多くの人に来てもらい、活性化につなげたい」と意気込んでいる。【竹内之浩】

 日本犬保存会(東京都)によると、柴犬は国の天然記念物に指定されている日本犬6種のうち唯一の小型犬で、国内で飼育される日本犬の8割以上を占める。現在、同会に登録されている柴犬の血統をたどると、益田市にいた石州犬の雄「石号」に行き着くという。

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文791文字)

あわせて読みたい

ニュース特集