メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸大グループ

菌従属栄養植物の新種発見 神戸で採集

1992年に発見されたコウベタヌキノショクダイ=中西収さん撮影

 神戸大大学院理学研究科の末次健司特命講師(植物生態学)らの研究グループが、光合成を行わず、キノコやカビから養分を取る菌従属栄養植物の一種「タヌキノショクダイ」の新種を発見した。神戸市西区内で1992年に採集され、「県立人と自然の博物館」(三田市)に保管されていた標本を再精査して判明。グループは「コウベタヌキノショクダイ」と命名し、13日に植物分類学の国際誌で発表した。

 タヌキノショクダイは照葉樹の落ち葉の下に生える全長1~4センチほどの植物で、花の形が燭台(しょくだ…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文472文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 四国から東日本、23日にかけて大雨の恐れ 台風20号接近 警戒呼び掛け

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです